=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
   烏丸御池中井クリニック 院長の健康日記
=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

最新の日記


12/06(火) ジェネリック医薬品
10/18(火) 高額な抗がん剤「オプ..
10/12(水) 高額な抗がん剤「オプ..
11/09(月) 国際学会もグローバル..
11/26(水) 京都健康科学研究所
06/20(金) 捨てるものと残すもの
03/28(金) 「できること」と「で..
01/16(水) 中断と継続
05/31(木) 学会発表
03/16(金) 摂食障害治療ガイドラ..
[最新の日記]
  
最新の日記


高額な抗がん剤「オプシーボ」
 高額な抗がん剤「オプシーボ」の薬価の「速やかな」引き下げが財政審分科会の会合で提案されました。「オプシーボ」は小野薬品が開発した点滴治療薬で、攻撃的T細胞のガン細胞に対する攻撃力を上げる(免疫力を高めてガン細胞を壊す)治療薬です。
 この薬が話題となったのは、この薬があまりにも高額で、このままでは国の財政を圧迫し、医療崩壊をきたすことが指摘されたからです。日本赤十字社医療センター化学療法科部長の國頭英夫先生によると、1年間、この薬を使用すると一人当たり約3,500万円という額に達するそうです。一方、日本は国民皆保険制度に加え、高額療養費制度があるため、医療費の自己負担額は、通常65万円以内、最高でも年間200万円程度です。残りは全て、公費負担、すなわち税金です。
 なぜ、こうなったのか?主な理由は2つあります。一つはオプシーボが日本で初めて承認されたため、薬価を決めるときに他国の事例を参考にできなかったためです。もう一つは、最初に悪性黒色腫(メラノーマ)という珍しい皮膚ガンの薬として承認されたことです。患者が少なくても、開発費(3,000億円という報道もあります)が回収できるようにするため高い薬価のつく計算法が適用されました。ところが、オプシーボの有効なガンが、どんどん増えて、患者数が多い肺がんにまで適用疾患が広がったため、國頭先生が指摘する問題が議論されるようになりました。
 テレビでは、日本で開発した新薬だから海外に輸出すれば、薬価が高いことが日本経済の活性化にプラスに働くとの意見がありました。ところが、オプシーボは日本では100單たり約73万円であるのに対し、米国では約30万円、英国では約14万円でした。全国保険医団体連合会(保団連)の会長は、「海外と同程度にまで薬価を下げるのが当然だ」と、この調査結果を塩崎厚労相に提出されました。
 この話題は、NHKテレビをはじめ民放テレビ、新聞で取り上げてこられました。どの番組にも共通しているのは、オプシーボの説明、開発には費用がかかる、このままでは医療が崩壊する、国民皆保険は維持したい、どう解決すればよいか?今後、皆で解決策を検討していきましょう。以上は、これまでにマスコミで報じられてきたことの要約です。ここでも東京の築地市場から豊洲への移転や、東京オリンピック経費で問題となっていることと共通することがあるようなので、その点について考えてみたいと思います。
 問題点の一つは、英国で約14万円の薬品が日本で約73万円である点です。厚労省のホームページで新医薬品の薬価算定方式を調べると、類似品のないものは原価計算方式(詳細は省略)で算定後、外国平均価格と比較して調整すると記述されています。ここで以下のことが分かります。オプシーボは開発した京都大学の本庶佑先生(私の同級生)が、ノーベル賞候補になるほど、画期的な薬であったため、外国の平均価格と比較できませんでした。別の見方をすると、同一薬品の薬価が日本と欧米でこのように大きな差が生じたのは、日本の薬価算定方式に問題があったからではないでしょうか?また、外国の平均価格並みにすぐに引き下げることのできないシステムを見直す必要があります。現在のシステムでは25%以上の引き下げはできません。
 さらに大きな問題は、日本人はいかに税金の使われ方に無関心かということです。オプシーボやオリンピック経費のように巨額でも、問題を指摘する人が出現して初めて大騒ぎになります。一方で、國頭先生や小池東京都知事のような人物が日本にも現れるようになったのは、喜ばしいことです。


2016年10月12日(水) No.74

No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
[TOP]
++烏丸御池中井クリニックのホームページへ戻る++
001984
shiromuku(n)DIARY version 1.31